進路情報 | 鈴鹿享栄学園 鈴鹿高等学校

お問い合わせ アクセス ホーム
受験生の方へ在校生・保護者の方へ卒業生の方へ一般の方へ

進路情報

進路情報

キャリア教育を基点に真の力を育んでいく。

自ら問題を発見し、他者と協力して解決していくための力。今、まさに進行中の教育改革が目指している力です。そのベースとなる「学力の3要素」をどう評価するのか議論が進められている中で、多くの大学が新テストの導入を待たずに入試改革に乗り出しています。知識だけでなく思考力が問われる入試、高校での主体的な学びを社会課題と結びつける力が問われる入試がすでに始まっています。鈴鹿高校ではキャリア教育を進路指導の基点にして、どのように学び、どのような力を身に付けるのかにこだわります。高大接続改革の本質は大学入試のためではありません。社会や職業の在り方そのものが大きく変化していく中で、生徒の多種多様な進路希望にずっと向き合ってきた鈴鹿高校だからできるキャリア教育があります。

学習スタイルを確立する。 学習スタイルを確立する。

学力の3要素を獲得するためには、入学初期の段階において学習スタイルを確立させることが不可欠です。電子黒板等のICTを活用した授業の工夫、スタディサプリなど家庭学習を習慣化させるための取り組みにより主体的な学びができるようになります。

進路目標を持つ。 進路目標を持つ。

自己のキャリア形成の方向性と関連付けて、学ぶことに興味や関心を持つことはとても学習効果があります。進路目標はそのための動機付けになります。進路目標をじっくり考えるための職業観・学問観育成プログラムを準備しています。

進路目標を持つ。 進路目標を持つ。

中学3年生の皆さんが社会で活躍する頃には、グローバル化の進展や技術革新等により、社会や産業構造、職業の在り方そのものが大きく変化していると考えられています。その変革の時代を生きる皆さんは、社会とのつながりを意識した学びが大切です。鈴鹿高校は、eポートフォリオや英語の4技能評価を含め「思考力・判断力・表現力」を中心に評価される「大学入学者選抜改革」に対応できるよう全力でサポートする体制を整えています。

  2020年3月卒業生の進路実績は、近日公開いたします。